ITでお客様の仕事の価値を高めます


会社概要

会社名 株式会社コヤマ・システム(英語表記 Koyama System Inc.)
代表者 小山 敏則
設立 1989年11月6日
事業内容 ITによる顧客価値創造支援業
組み込み型を中心としたソフトウェア作成・それらの関連事業
住所 〒761-0301 香川県高松市林町2545番地3
従業員数 20名
資本金 10,000,000円
主要取引先 株式会社ヒューテック、株式会社進和、牛削蹄師 ほか
(順不同、敬称略)
納入実績 花王株式会社、トヨタ自動車株式会社、株式会社デンソー、株式会社黒田精機製作所、富士フイルム株式会社、株式会社大塚製薬工場、テルモ株式会社、田中貴金属工業株式会社、株式会社登米村田製作所、本田技研工業株式会社
(順不同、敬称略)

沿革

1985年
個人事業として創業 ハード設計・受託ソフトの作成を始める。 洪水予測・温湿度データ収集・プリント基板検査システムなど
1989年11月
株式会社コヤマ・システムを設立。Z80・アセンブラー・C言語で受託ソフトを作成
1996年
現在の社屋が完成し、移転
2001年
独自仕様から市販RT-OSを使ったソフト作成。多言語対応ソフト開発
2003年
香川県より、『子育て・介護応援企業 第15号』の認定を受ける
高松市の『地球にやさしいオフィス』として登録する
2005年
REKAMO遠隔モニタリングシステム発売 遠隔映像解析システム
2008年
ラクリア住宅用基礎鉄筋積算システム発売 RFIDを利用したソフトウェア開発
香川大学発、小型人工衛星「KUKAI」のソフトウェア開発協力
2009年
ICカードを用いた管理システムである商品、「ICすたんPi」ポイント管理システム
および 受付業務支援システム「Speed Gate」発売
2010年
高速録画で24時間監視可能なカメラ「RekamoMA」発売
2011年
乳牛の個体番号表示システムが実用新案権取得 (実用新案登録第3171895号)
2012年
ノートPC版高速モーションレコーダー「RekamoMA-MEM-02」発売
2013年
削蹄電子カルテ「削レポ」発売開始(Androidタブレット版)
2014年
破砕片選別機を発売開始
2015年
削蹄電子カルテWindowsタブレット版「削レポWin」発売開始
2015年12月
トヨタ自動車株式会社 新型プリウス技術の部プロジェクト表彰(インバータ用レーザ溶接における品質監視装置の開発)
2016年2月
トヨタ自動車株式会社 技術開発賞受賞(インバータ用レーザ溶接における品質監視装置の開発)
2017年
超高速カメラ録画解析システムRekamoST発売
2017年2月
香川県BCP優良取組事業所 認定
2017年6月
香川県健康経営取組事業所 認定
2018年
高速モーションレコーダーRekamo Q-Vision発売

アクセスマップ

高松中央ICより車で約5分

JR高松駅より車で約20分

※お車でお越しの際は社屋北側駐車場をご利用下さい。

このページのトップへ
Copyright(c) 2013 Koyama System Inc. All Rights Reserved.