-
現場の表示灯を、生産分析の切り口に!「可動率表示ツール」

概要:設備保全の指標を見える化する「可動率表示ツール」

?

日々の保全管理やメンテナンスにおいて、こんなお悩みはありませんか?

・チョコ停は多いと感じているが、具体的な数値情報をとれずにいる。

手書きによる状況把握が負担になっている。

・設備の稼働状況を把握できておらず、日々の運用は個人に依存している。



!

可動率(べきどうりつ)表示ツールは、設備の稼働情報を取得しチャート表示する、

設備保全のためのツールです。


既設の積層表示灯に、センサーを取り付けるだけ!

PLCを改造したり、ラインを止める必要はありません。

またセンサー部と受信ユニット部は、無線接続するので配線不要!!



生産性向上のため、まずは既存設備の状況把握からはじめませんか?

工場改善に対する我々からのご提案です。

ソフトウェア

画面イメージ

機器構成

機器構成

可動率把握のために、設備を改造する必要はありません。既存の表示灯にセンサーを張り付けるだけ。

表示灯のメーカー、形状も問いません。現場で使っている表示灯をそのままお使いいただけます。

受信機と送信機は無線で接続するので、最小限の配線でOK!



ダウンロード
可動率表示ツールのパンフレット

お問合せはこちら

連携:高速モーションレコーダー

当社の設備用ドライブレコーダーと連携することで、表示灯をトリガーとした記録が可能になります。

可動率表示ツールと合わせることで、チョコ停対策の強力なツールとなります。



連携機能:既設の表示灯を撮影トリガーに!!

既存設備やラインを改造することなく、撮影トリガーを取り出せます。

トリガー設定はわずか2分!



高速モーションレコーダーとの連携

高速モーションレコーダー

表示灯をトリガーとして、異常の発生前後を記録。

高速カメラの採用で、チョコ停発生時に何が起こったのか、画像で確実に捉えます。

その画像を見ながら、チョコ停への根本対策を行います。




関連商品:高速モーションレコーダー「RekamoMA」

Rekamo-MEM

コラム:「可動率」と「稼働率」


off

「可動率」(べきどうりつ)は設備の稼働予定に対して、正常に動いた時間の割合です。

設備の使い方の上手さを表す指標。保全によってもたらされる設備の信頼性を表します。


「稼働率」(かどうりつ)は需要に対する設備の負荷を表します。設備投資の上手さを表す指標。

売れ行きによって経営陣が意識する指標です。


現場では設備の「可動率」(=設備の信頼性)を上げることが大切になります。

お問合せ・ご注文

製品に関するお問合せまたはご注文はこちらのフォームより承ります。
ご注文の場合には、注文書をお送りしますので必要事項をご記入の上、お申込みください。



ダウンロード
可動率表示ツールのパンフレット

お問合せはこちら

このページのトップへ
Copyright(c) 2013 Koyama System Inc. All Rights Reserved.