複数カメラの接続 ~Multiモデル~

最大4台までのカメラを接続可能です。下記2通りの使い方が可能です。

「同期撮影」:複数のカメラを同期させて使用します。死角を避けて撮影する場合などに使用します。

「非同期撮影」:各カメラが各々独立したイベントに連動して記録を行います。集中管理したい場合に、使用します。

トラブル解析に!製造現場のチョコ停対策「Rekamo MA」
  • 距離が離れていたり、死角のため同時に複数箇所を見ることができない。
  • どこで起こっているかわからない。
  • 撮影箇所を1箇所に絞れない。
  • 複数カメラを接続可能。
  • 障害となっていた距離や死角も、これで解決。
  • ※Multiのみ、外部トリガとカメラを任意に組み合わせ可能。



RekamoMA Multiによる撮影動画です。

※レールが「生産ライン」、車は「ラインを流れるワーク」と想定ください。



ダウンロード
RekamoMAシリーズ・カタログのダウンロード



お問合せはこちら

持ち運びやすさ ~Basicモデル~

RekamoMAシステム構成
  • チョコ停発生時に移動可能なツールとして使いたい。
  • 工場内の複数箇所でドライブレコーダーを使いたい。
  • 従来のデスクトップに対し、ノートPCで動作可能となり、
  • よりコンパクト、携帯性が向上しました。

対応モデル:Basicモデル

RekamoMA Basic

お問合せはこちら

ダウンロード
RekamoMAシリーズ・カタログのダウンロード

そこまで高速性が必要ない方へのエントリーモデル Rekamo Q-Vision

トラブル解析に!製造現場のチョコ停対策「Rekamo MA」

外部信号を撮像のイベントトリガーとして、

その前後を切出保存するという基本性能はそのままに

カメラの高速性はそこまで必要ないというお客様に向け価格を押さえた製品です。



ダウンロード
Rekamo Q-Vision・カタログのダウンロード



お問合せはこちら

基本機能の確認・お問合せ・ご注文

製品に関するお問合せまたはご注文・デモ機貸出はこちらのフォームより承ります。
ご注文の場合には、注文書をお送りしますので必要事項をご記入の上、お申込みください。


戻る お問合せはこちら

このページのトップへ
Copyright(c) 2020 Koyama System Inc. All Rights Reserved.