事例紹介

(株)チーム那須 斉藤削蹄師 様 (栃木県)

データ記録で、酪農業界に貢献したい

会社概要

これまでの課題

Q.削レポ導入前のこれまでの課題は何でしたか?


A.手書きの文字が汚れなどで見にくかった。

事務処理の時に、汚れや匂いがネックとなっていた。

記録を残していない削蹄師が多いことが課題と思います。

成果

Q.削レポ導入でどのような成果がありましたか?


A.作業時間の短縮になりました。

プリンターで印刷されるため顧客に渡す記録が現場の汚れがついていないので衛生的です。

手書きではないので、文字が読みやすいですね。

統計処理がその場でできるので、タイムリーに話ができます。統計をとることで、作業中の印象と必ずしも一致していない事も分かりました。

導入のポイント

Q.導入のポイントは何でしたか?


A.日本語では初の削蹄アプリというところです。

現場の入力だけで統計処理ができ、グラフも利用できる。

一緒になってアプリを作り上げていく感じがいいですね。

不具合などもスピーディに対応してもらえるので安心しています。

今後の展望

Q.今後の展望を教えてください。


A.他の酪農関係ソフトとの互換性があるともっと良いと思います。

オーナー同士の情報交換もできるといいですね。

このページのトップへ
Copyright(c) 2013 Koyama System Inc. All Rights Reserved.