個体識別番号読取りくん
乳牛個体番号読取りくんは、実用新案出願中!
読取りくん開発物語
個体番号読取りくんインフォメーション

乳牛の個体番号認識入力も、一人でt簡単!

個体識別番号読取表示システム < 導入前 >

耳札に記載されている個体識別番号を一人が読み上げ、
もう一人が入力するという二人一組の作業が必要でした。

個体識別番号読取表示システム < 導入後 >

耳札をICタグに変え、後ろ足に付けることで、
個体識別番号入力者が、ハンディターミナルで
直接読取り、入力可能となりました。

搾乳準備作業

ICタグによる個体識別番号入力風景

コンテンツフッター
個体番号読取りに関してのお問い合わせ

利用者の声/香川県三木町広野牧場

広野豊

代表取締役 広野 豊さん

個体識別番号読み取り君を導入した理由(わけ)

広野牧場では現在約260頭のホルスタインの経産牛(お母さん牛)が居ます。
搾乳頭数は約210頭です。
10頭ダブルパラレル方式のミルキングパーラーで、毎日朝夕の搾乳に4時間ほどかかります。

以前はパーラー内で牛を見て個体がわかるスタッフが居たので、必要がありませんでした。そのスタッフが退職し、個体番号の識別に困り色々な機器を探していました。バンドに番号を書き後ろ足につけてみても、すぐに汚れて解読できなくなります。酪農専用の機器もありますがコストが高い為、導入を躊躇していた所、コヤマシステムさんと出会い開発導入に至りました。

作業時間の短縮、労働の軽減など搾乳スタッフの評判も良いです。
また、牛の前に人間が行かなくて良いので、牛に対するストレスも軽減されているように感じます。

今回は個体番号の識別だけですが、もっと可能性のある機器だと思います。

■広野牧場

香川県三木町で牧場を営んでおります。
牛たち・スタッフ全員で新しい価値と感動を創造する為に日々奮闘中。
平成22年4月に森の石窯パン屋さん『れーちぇ』をオープン。
牧場HP⇒ http://www.hirono-farm.com/

  • 搾乳作業に向けての移動

    搾乳作業に向けての移動

  • 搾乳室への移動

    搾乳室へ移動風景

  • 搾乳作業

    搾乳作業風景

  • ICタグ装着風景

    ICタグを乳牛の後足に装着

  • 読取り作業

    小型ハンディターミナルで読取り

  • 番号入力作業

    個体識別番号入力作業風景

コンテンツフッター
個体番号読取りに関してのお問い合わせ

ページの先頭へ